糠いわし(こんかいわし)かたくち

糠いわし(こんかいわし)かたくち

話題の発酵食品。当店イチオシ商品です。
柿太の「こんかいわし」こと日本のアンチョビ「糠いわし」は、
寒の時期に氷見浜で水揚げされる脂がのったいわしを塩漬けし、
秘伝の糠床で熟成させました。
氷見産コシヒカリの米糠、米こうじと、地元にこだわった原料に富山湾の深層水を加え、
いわしの旨みを引きだし、従来より薄塩です。

新物はさわやかな乳酸発酵の効いた味わいです。
(熟成モノは旨味と香りにコクがあります。
どちらをお選びになるか、お求めの際メッセージでお知らせください。)
2014年8月、ただいま新物のみの販売です。

<糠いわし(こんかいわし)の、かたくちとまいわしの違い>
糠いわしのかたくちいわしは、こぶりで食べやすく、料理にも使いやすいです。
糠いわしのまいわしは、肉厚で食べ応えがあります。あぶらがのって、いわしそのものの味がします。

こだわって作ってます

商品名 糠いわし(こんかいわし)かたくち
内容量 80g(8〜10匹)入り
お届けの個装 画像参照
原材料 かたくちいわし(氷見産)、煎りぬか、食塩、白こうじ、唐辛子、海洋深層水
賞味期限 要冷蔵(10度以下) 製造から100日
お届け状態温度帯 冷蔵


こんな食べ方がおススメです。


生のままでも美味。

ぬかを洗わず軽く落とし、

細かく刻み三杯酢につけて

おつまみに。

日本酒にぴったりの

爽やかな味わいです。


ぬかを軽く落として、

オリーブオイルをかけて

バジルなど添えて。

ワインにおすすめしたい

おつまみになります。


アンチョビ代わりに

パスタやピザ、サラダなど

イタリアンな料理にも抜群の相性。

さまざまなお料理の

アクセントになりますよ。

 


残ったぬかは乾煎りして

アオノリやゴマ、削り節などを

加えるといわしの旨みたっぷりの

香ばしいふりかけの出来上がり。

オーブントースターで

2分ほど加熱でも可。
ぬかも捨てないで

召し上がってくださいね。


乾煎りしたぬかは、ふりかけに。


ぬかは、おはしで

こそげおとすかんじです。